文部省 科学研究費補助金 新学術領域研究 植物発生ロジックの多元的開拓

PubMed ID 24507501 Pubmed 日付 2014/Feb/
タイトル Comparative leaf development in angiosperms.
ジャーナル Current opinion in plant biology  2014/Feb/  17()  103-9 
著者 Tsukaya Hirokazu H
抄録 Recent accumulation of our knowledge on basic leaf development mechanisms in model angiosperm species has allowed us to pursue evolutionary development (evo/devo) studies of various kinds of leaf development. As a result, unexpected findings and clues have been unearthed aiding our understanding of the mechanisms involved in the diversity of leaf morphology, although the covered remain limited. In this review, we highlight recent findings of diversified leaf development in angiosperms.

 (2014年5月15日に投稿されたものを再掲載しています。)

東大・院・理 発生進化 塚谷 裕一  投稿日時[2015-02-10 10:52:54]

 Current Opinion in Plant BiologyのDavid Smyth・Jo Ann Banks両氏による特集号"Growth and Development"に寄稿の総説。
 被子植物に見られる葉の形態の多様性について概略を紹介し、葉の原基の分裂活性とその極性、細胞数と細胞サイズの制御系、背腹性と平面成長性などに的を絞りつつ、現在の知見を総覧した。その上で、シロイヌナズナなどのモデル植物で判明している葉形態形成の「基本メカニズム」が、どこまで普遍的なものか、注意を喚起しながら、多様な葉形態が生まれるメカニズムとして、どの遺伝子経路が変わっている可能性が高いか議論した。また多様な葉形態という視点から見て、未解決の、あるいは見逃されている謎の数々について最後に指摘した。